北朝鮮の動向とドル円について

最近、何かと悪い話題の多い北朝鮮。国際社会での北朝鮮の動きで色々なものが動きますが、為替レートも動くものの代表的なもののひとつになります。

具体的には、円高ドル安になることが多いとレートを見ていて感じます。これはどうゆうことかというと、

北朝鮮と米国や日本が衝突する可能性がある→実際に衝突したら経済活動が滞る→比較的安全とされる円の需要がたかまり、ドルを売って円を買う人が増える、もしくはそうゆう人が増えるだろうと予測して売る人が増える

というような流れだろうと大体予測がつきます。他にも、通貨では無くて金のような実物資産を持とうという流れになっている部分もあるようです。

FXをやる上で、このような国際ニュースと、そのニュースによって動くであろう為替などの資産へ注意を向けておくことはとても大事です。特に、自分が取引している通貨の動きを見ておくことは大事になってきます。

私はあまり短期間でのトレードはしないので、北朝鮮情勢には気を配りつつもジーっとレートとにらめっこしているだけで特に何も売り買いはしませんでした。あまり目先のことに囚われずに、長い目でトレードしたいからです。ただ、短期でのトレードをする人は特にニュースにはしっかりと目を向け、大事な経済指標が発表されるときは予測することが大事になります。